マンションを賃貸に出したいと考えて不動産会社に相談した体験

相続したマンションを賃貸に出したい

父親から3LDKのマンションを相続しましたが、立地条件に恵まれているので売却をしないで賃貸に出したいと考えました。
しかしどのような方法で入居者を募集するのかわからなかったので、まず最初にインターネットで賃貸経営についての情報を集めました。
そして一戸でも入居者を探してくれる不動産会社が見つかったので、電話やメールで個別に問い合わせてみました。
賃貸経営の初心者としては空室リスクを回避したかったので、まず最初に家賃保証がある不動産会社に相談しました。
しかし手数料が割高で賃料相場の8割程度の手取り金額だったので、ほかの会社を探すことにしました。
そこで大家を積極的に募集している地元の不動産会社の店舗を訪れて、保有している物件の入居者募集について相談をしました。

実家が引っ越して元実家のマンションは賃貸に出したいということで地元不動産に母がお願いしてたのだけど、半年経っても借り手がつかずだった。
気になって聞いてみると、汚いから価値がないとの事。
腹を立てた母はその足で某大手不動産仲介に話を持っていくと彼らは3日で借り手を見つけてくれた。

— 仁礼 (@dari_novantadue) 2018年11月8日
担当してくれたのが不動産会社の敏腕営業マンだったので、すぐに家賃の金額設定や入居者募集の方法についてアドバイスを受けることができました。
また各種手数料も割安で家賃収入も十分に確保できることがわかったので、この不動産会社に入居者募集のサポートをお願いしました。
実際に入居者を募集するときの家賃を決めるときには、周辺エリアの類似物件の賃料の相場を参考にしました。
都心へのアクセスにも恵まれた駅前にマンションがあったので、最初に募集広告を出す時には家賃を18万円に設定しました。

相続したマンションを賃貸に出したい入居者募集を不動産会社に任せて入居者確保リフォームのおかげで次は法人契約締結マンションを賃貸に出したいと思い不動産会社に相談したことについて

マンションを賃貸に出したい | 賃貸マンション!賃貸に出すとき